多重債務者問題


総量規制の見直しについての議論はあまり進んでいません。

社会問題となった多重債務者問題とその自殺者問題など社会的には総量規制の導入はある程度仕方のないことだという認識です。

しかし、この総量規制は貸金業法の規制であり、収入の三分の一以上の借り入れが貸金業法の規制対象の会社から借り入れすることができないというものであります。

逆にいえば貸金業法の規制対象外は総量規制に引っ掛からないとうことでもあります。

住宅ローンや自動車ローンなどは対象外でもいいとしても、銀行の借り入れや銀行のカードローンの借り入れには総量規制の対象外となっています。

総量規制の見直しについての問題は第一にこことあると考えられます。消費者金融からの借り入れと銀行からの借り入れとは別と言うことなのです。

いくら消費者金融から収入の3分の一の買い入れ残高があったとしても、銀行からのカードローンで借り入れすることは可能と言うことにほかなりません。

もちろん銀行では審査などが消費者金融に比べて厳しいことは分かりますが、仮に、銀行のカードローンのカードを作成してから消費者金融などから借り入れを行った場合などはどうするのでしょうか。

不公平と言うことが言えるかもしれませんし、実際にはお金を借りることがそんなに簡単ではないのでしょうが、総量規制の見直しについては法律上の不備があることは簡単にわかるでしょう。

こんな簡単なものは早急に法律改正で対応すべきは誰でもわかることです。

コメントは受け付けていません。