消費者金融


消費者金融は、必要なときにお金を借りることが出来る便利な金融機関です。

ただ、その利便性が多重債務者を生むきっかけともなっていました。

そこで貸金業法で制度化されたのが総量規制です。

ここでは総量規制と消費者金融について説明します。

まず、総量規制と消費者金融は切り離して考えることは出来ません。

そもそも総量規制とは、借り手側の借金総額が年収の3分の1にまで制限された制度のことです。つまり、年収500万円の人だと約165万円までの借入れしか利用できません。

これは消費者金融1社に対してではなく、借入れしている全ての金融機関の借金をあわせた金額です。ということは実際に、借入れできる金額がかなり制限されることになります。

厳しい制度かもしれませんが、ただ、こうすることで多重債務者を生まない目的がある事は事実です。

また、この総量規制は消費者金融やクレジットカード会社のみに適用される制度です。

というのも、この制度自体が貸金業法に基づくものなので仕方がありません。

たとえば、お金を融資してくれる金融機関では銀行や農協などもありますが、これらは貸金業ではないので総量規制の対象とはなりません。

つまり、住宅ローンやカーローン、銀行のカードローンなどの利用には関係ない制度です。

ここまで説明すれば総量規制と消費者金融の関係も見えてきたはずです。

消費者金融は便利な貸金業ですが、今まで以上に計画的に利用していかなくてはいけなくなりました。

お金に対する価値観と借入れに関する危機感を持って利用していってください。

コメントは受け付けていません。