振動規制


総量規制の見直しについて電力需給における総重量の規制、見直しについて夏期の制限について主には環境省と経済産業省、厚生労働省もしくは国土交通省や総務省における生活範囲内での規制である。

どういったことかというと、環境省では振動規制といった周りに配慮する規制と、大気汚染や水質汚染といった基本的には公害に関する規制がとられている。

経済産業省では事業における分野での規制で電力の規制電気に関わる項目の規制をしている。厚生労働省や総務省や労働に関しての義務と基準法の見直し、国土交通省において河川に関する関連分野を規制している。

それぞれの省庁でその役割が細分化しているため生活に関する広範囲を国で管轄している。

私達の身近なものではなかなか省庁と関係するわけではないが労働や生活環境はとても生活に密着したものであるため方針が変わるということが総量規制の見直しについて考えられる一つのことである。

一つのことを全員で行うとすることで生活環境自体が向上していくため多くの規制で制限されることはあるが大事な要素の一つとなる。

そのためにも細かい事案から分割して担当を分けることによって改めて問題が浮き彫りになってくるためそういったことは必要である。

公害については歴史的なものがあり現在夏期に行われた規制に関しても歴史の一つと刻みこまれてしまった今、もう一度総量規制の見直しについて考えさせられまたそれを実行していく機会に既に入っているため多くのことを守る必要がある。

コメントは受け付けていません。