金利上限


総量規制の見直しというのは、貸し金や土地取得時に土地を取得するために行われる融資の規制の事に対して、規制を強めたり弱めたりすることを見直しの事を総量規制の見直しと呼びますが、現実には総量規制の緩和や総量規制の撤廃などに対して、総量規制の見直しと使う事が多いです。

ここ数年の貸し金業者の総量規制と言うのが行われたのも記憶に新しい事です。

金利上限を決めて、融資額を年収の3分の1までしか融資できないという、貸し金業者に対する規制なのですが、この規制によって、貸し金業者は窮地に立たされ廃業倒産してしまったところも少なくはありません。

貸し金業者の総量規制の見直しについては未だに議論の、対象となることが多く、有識者の団体会議などでは総量規制の緩和などすべきではなく、失われた20年を超えて失われた30年と成るかもしれないほどの不景気なので、所得が上昇するなどありえない事を、見越して、現在の総量規制の数値をより高いレベルの規制にすべきという、意見も持ち上がっておりますが、国家レベルで失われた30年を認めるわけにはいかないので中々、有識者の意見を取り入れるという事態には慎重なようです。

これと似た事で、バブル崩壊後におきた、総量規制の見直しについては、土地取引の総量規制により、バブル崩壊が起きて、不景気になっているのだから、緩和方向に土地売買の総量規制の見直しについて議論すべきとの声も一部であがりましたが、国民が住宅を購入できない水準に現在もあるとの声が多数上がり、総量規制の緩和は行われませんでした。

コメントは受け付けていません。