フリーローン


総量規制とはフリーローンなどの無担保ローンにおいて、個人の借り入れ総額が、原則、年収の3分の1までに制限されることなのです。

総量規制の目的は、フリーローンなどで多額の借金をして、返済に苦しむ人を救うためなのです。しかし総量規制の影響で良くなるケースもあるのですが、総量規制の影響で悪くなるケースもあるのです。

全ての家庭、事業者が収入に対して支出以下であればいいのですが、毎月借りては返済しているような自転車操業のようなケースは借りられなくなるケースもあるのです。

そういったケースはどうするのか、必要な資金でしたら、違法な金利でお金を貸す、街金にお金を借りるのです。

そうすると、高額な金利で返済ができなくなり、法改正前よりも状況が悪くなるケースがあるのです。もちろん家庭だけではなく、以前では主婦が借りることができたのですが、3分の1以上になりますと収入証明書が必要になりますし、主人の同意が必要になるのです。

内緒で借りることができなくなり、これも街金に行くケースがあります。

借金がばれて夫婦仲が悪くなるケースなんて事もあります。

離婚なんてことも考えられます。総量規制の影響はよい影響をもたらすケースもありますが、悪いケースをもたらすケースもあるのです。

ぎりぎりの生活をしていた人に対しては悪影響にもなるのです。

フリーローンなどにおいては自分の収入から、返済にいくらまで充てられるか、返済管理をしっかりしていくことが大切なのです。

コメントは受け付けていません。